Verasity ICO

ビデオの作成と消費の両方のオンラインビデオプラットフォームの出現により、これは非常に人気が高くなっています。それにもかかわらず、この市場は完璧ではなく、視聴者、クリエイター、広告主、株主など利害関係者間の葛藤を引き起こす多くの問題があります。

最大のビデオプラットフォームは、11億時間以上のビデオクリップを生成し、その後、当事者の利益を効果的にバランスさせることができません。誰もがユーザーの権利を守るので、Facebook、Instagram、YouTubeのすべての既知の有名人は自分の収入に対して広告を見ていますが、これは大きな問題です。したがって、ユーザーの個人データは第三者の手に渡ることができます。順番に、プラットフォームの作成者は、プラットフォームごとに高価な支払いを行わなければならず、圧力に最も晒されています。

すべての暗号愛好家は、Verasityプラットフォームを立ち上げることを楽しみにしています。その特異性は何ですか?Verasityは、ブロック化技術をベースにしたビデオ共有のプラットフォームです。このプラットフォームは、クリエイターのための機会を広げ、より忠実な視聴条件を作り出します。大きなニュースは、Verasityが仲介なしで動作することです。これにより、参加者間のより信頼できる関係が形成されます。

                  

Verasityはユーザーを刺激するプラットフォームです。コンテンツを視聴するユーザーは、VERAトークンの形で報酬を受け取ることになり、これが唯一の収入源ではありません。また、ユーザーはチャンネルをサポートしたり、報酬を受け取ったりできるVeraSparksに参加する機会も与えられます。

著者、広告主、スポンサーのために、同社は他の機会を用意しています。私はVerasityプラットフォームでは制限がないことを嬉しく思っています。絶対にどんなユーザーでも自分のチャンネルを開始し、そのチャンネルで収益を上げることができます。VeraSparksを使用すると、ユーザーはVERAトークンの収益の一部を交換し、コンテンツを宣伝するために使用することができます。

広告主とスポンサーはすべての計算を直接行います。また、Proof of Viewシステムは、すべての参加者と信頼できる商業関係を構築する最も信頼性が高く正確なオーディエンス指標を提供します。

Verasityチームは、2017年以来、プロジェクトの創設にすでに参加している緊密なチームです。彼らは、情報技術、メディア、ビデオ技術の分野で長年の経験を持つ専門家です。

VerasityのICOは5月21日に開始し、7月17日に終了する予定です。同社の最低目標は400,000,000 VRA、最大6,245,750,000 VRAです。これまで、同社は463 328 829 VRAを販売していました。

トークンの販売に参加したい人は、登録とKYC手続きを経なければなりません。投資はエテリアムとブロックチェーンで受け入れられる

すべての資金が調達され、同社はプロジェクトの作成と促進に使用する予定です。2019年末まで、同社はVerasityブロックチェーンの設計とアーキテクチャの開発、主要な取引所へのトークンの投入、Verafierアプリケーションの完全な起動などを計画しています。

プロジェクトおよび参加条件の詳細については、以下のリンクを参照することをお勧めします。

Website: https://verasity.io/

White paper: https://verasity.io/documents/verasity_whitepaper_eng.pdf

Telegram: https://t.me/verasitychat

Facebook: https://www.facebook.com/verasitytech

Author: kinazuki

Bitcointalk https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=2270557

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *