Athero ICO (THO Token)

Atheroプラットフォームの構造は、成長と繁栄に焦点を当てた分散型で経済的に持続可能な公共コンピューティングインフラストラクチャです。

Atheroは、Internet of Thingsとブロックチェーンテクノロジーを組み合わせて商取引を改善するためのプラットフォームです。Atheroは、仮想ビジネス – ビジネスネットワークとコンセンサスアルゴリズムを使用してオープンブロックチェーンを備えた分散オペレーティングシステムを組み込んで、情報フローと製品調達のニーズに対してより良いオフラインソリューションを実現します。

 

Atheroの設計は以前のブロックチェーンの設計に基づいていますが、並行分散計算、数学、プログラミング言語設計の分野でも何十年もの研究を実現しています。このプラットフォームには、構築時のソフトウェアと産業の拡張性を考慮して設計されたモジュール式のエンドツーエンドの設計が含まれています。

 

簡単に言えば、Atheroは銀行や他の金融機関に依存しない、非常に収益性の高いグローバルな暗号化エコシステムです。

 

AtheroブロックチェーンプロトコルとAthero Token

THOは、ネットワーク上の分散アプリケーションのために、Atheroネットワークと統合されて使用されるように作成されているネイティブの暗号トークン通貨です。

 

当初、THOはERC-20準拠のトークンとして公開されているEthereumブロックチェーンで発行され、実装されることが提案されています。Atheroチームは、既存の「ウォレット」機能を統合してTHOバランスを保持し、ユーザーがトークンをアクティブにした直後にTHOプラットフォームでトークンを利用できるようにします。Atheroプロトコルは、独自のopensourceブロックチェーンで実装するために開発されています。このシナリオでは、ERC-20に基づく最初のTHOは、Atheroのブロックチェーンに発行されたネイティブTHOと1:1で交換されます。

 

ブロックチェイン技術は、IoTシステムのユーザー、IoTデバイス、およびベンダーの役割を変えます。

 

現在の集中化されたアーキテクチャとは異なり、新しいIoTシステムのユーザーは、デバイスなどとのデータ承認メカニズムと相互作用ルールを動的に開発できます。デバイスが単一の機能を実行するだけでなく、ブロックチェーンは、単にデバイスを相互接続するだけでなく、デバイスが自発的に相互にやりとりすることも可能にします。ベンダーは、異なるシステムに数百または数千のITシステムを保守する必要がなくなりました。役割を変えることで、より多くの参加者が集まり、市場のルールが変わり、まったく新しいビジネスモデルが生み出されます。

 

Atheroは、ビジネスと市場のアプリケーション向けに開発され、特に設計され、最適化された新しいブロックチェーンプロトコルです。このプロトコルはブロックチェーンベースの「仮想マシン」と、チェーン外で動作するミドルウェアソフトウェアスタックの定義済みモジュールで構成されます。これは、ネットワーク上で実装されたスマート契約によって管理される分散プロセスをサポートします。

Website: https://athero.io/

Whitepaper: https://athero.io/whitepaper.pdf

Facebook: https://www.facebook.com/Athero-236675363674250/

Twitter: https://twitter.com/ATHEROtoken

Telegram: http://t.me/atheroTHO

Youtube: https://www.youtube.com/channel/UCzZjdLn9vo5MBxLGMUtSMfg

Github: https://gist.github.com/Athero-Token

Author: kinazuki

Bitcointalk:  https://bitcointalk.org/index.php?action=profile;u=2270557

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *